いいねブログ!『僕の好きな情報発信箱』

機械メンテナンス屋のかしわモチがネットにハマって試行錯誤しているブログ。

ルールについて

ビリヤードのルール~【10】テンボール編

ビリヤードの10テンボールは最近よくプレーされるようになったゲームです。ルールは9ボールに似ているので結構分かりやすく覚えやすいです。

10ボールが普及してきたのは、9ボール人気にかげりが出てきたビリヤード業界が、少しゲーム性を変えようとしたことがきっかけだと思います。

9ボールだと上級者は連続でポケットを続け、一方的なゲーム展開に陥りやいのと、フロック(まぐれで狙っている以外の穴に入る)が勝負を分けてしまう可能性が高い、というところから10ボールへの移行が始まりました。

10ボールはボールが多い分難易度も上がりますし、試合のルール上フロックを認めないコールショット(狙う穴をショット前に宣言する)を取り入れていますので、運の要素がだいぶ下がり、実力通りの勝負が出来やすくなっていると思います。

海外、国内を問わずこの『10テンボール』での試合は着実に多くなってきています。

ビリヤード10テンボールルール

10テンボールのルール説明

基本的には9ボールと同じルールです

違いは10ボールを入れた方が勝ち。当たり前かw

試合ではコールショットを採用されることが多く、狙った穴以外にボールが入ると、相手が撞くかどうかの選択権を持つことになります。

■10テンボールのラックの組み方

テンボールのラック画像

一番上に1番と、真中に10番ボールを置く。

最近では一番下の両端に2番と3番ボールを置くことが試合ではルールとなっている場合が多い出です。これも1番の次の球をコントロールしにくくする為です。

■10テンボールのゲームの進め方

バンキングで先行と後攻を決め、ブレイクショットでゲーム開始です。

テーブル上に散らばったボールの中で、手玉(白玉)は最初に最小番号の球に当てなければなりません。

ポケットする球は何番でもいいです。要するにコンビネーションやキスショットで入れるというのもアリです。

10ボールをポケットした方の勝利です。

一般的には10ボールを1回落としたのを1セットとし、5セットとか6セット先取した方が勝ちというゲームをされている方が多いです。

■プレイヤーの交代について

ビリヤードの共通ルールの交代

何もボールが入らなかった場合

ファールした場合

コールした穴以外にボールが入ってしまった場合は、相手に選択権が移ります(そのまま撞くか、撞かないかを選べます)

■ファール後の対応

ファールをした場合、相手プレイヤーは手玉(白玉)を自由な場所に置いてプレーを再開することができます。これをフリーボールと言います。

テンボールを実際プレーすると、『9ボールに比べて1個多いだけでしょ』なんて簡単なもんではありません。

9ボールはブレイクショットで2個ほどボールが入ってしまえば7個からのスタートですが、10ボールはブレイクで球を入れるのが難しくなります。

ということは10個からの取り出しスタートになります。3個も違えばトラブルは出来てるわ、コースはふさがれてるわで思っているより大変です。

が、上達には9ボールより10ボールのほうが早いと思いますので、思い切ってチャレンジしてみてください。

球が多いと楽しいよ♪

9(ナイン)ボールのルール

8(エイト)ボールのルール

ローテーションのルール

スポンサードリンク

 

-ルールについて