いいねブログ!『僕の好きな情報発信箱』

機械メンテナンス屋のかしわモチがネットにハマって試行錯誤しているブログ。

禁煙に成功したメリット

禁煙に成功するために~日本人の喫煙習慣と寿命 死亡率は2倍、命は10年短縮

やはり喫煙は体に悪いことだらけです。もちろん僕も吸っている時はそんなこと気にしたこともありませんでした。でも寿命が10年縮むって分かっていたらどうですか

禁煙に成功するために

英国医学雑誌「BMJ」に掲載された長期追跡調査の結果

63~92年にかけて喫煙データが得られた男性2万7311人、女性4万0662人を平均23年間追跡した。参加者を喫煙経験が全くない、過去に喫煙経験がある、現在も喫煙中の3グループにわけて比較している。
解析のコアになった20~45年に生まれた世代(中央値33年)は喫煙開始年齢が20歳以前と若く、1日の喫煙本数は男性が平均23本、女性は17本。およそヘビースモーカーとはいえないが、現役の喫煙者は全く喫煙経験がないグループと比較し、男性の死亡率が2.21倍、女性では2.61倍に達し、死亡年齢では男性8年、女性で10年もの差が生じたのである。

これはもう言い訳のできない数値だと思います。現在の統計学上での結論がそんなに的外れな情報ではないということは皆さんご存知でしょう。

1日20本前後と言えばタバコ1箱です。たった1箱のたばこで死亡率が2倍以上、死亡年齢では10年ほど短くなってしまうなんて、ガクガクブルブルです。

僕自身も1日20本前後吸っていたのですが、『絶対にヘビースモーカーじゃないし、そんなに影響ないだろう』って軽く考えていましたよ。ウン。

今までの研究では喫煙者と非喫煙者の寿命の差は3~3.5年程度とされていたのですが、この調査の結果で10年ほど短くなる、すなわち80歳まで生きようと思っている喫煙者のあなた!自動的に70歳に目標変更となります。

最近の70歳って元気ですよ!70歳はまだまだこれから。80歳まで行くために禁煙なんていかがですか?!

僕はなんとか禁煙2年2カ月経過!その禁煙できた考え方はこちら

解析結果から、35~44歳の間に禁煙すると、死亡リスクが1.06~1.4までに改善されることも判明している。なんとか35歳までに禁煙できればギリギリ非喫煙者並みに、45歳までなら余計な死亡リスクをまぁまぁ回避できそうである。

おおぁぉ!45歳までならリスク回避ができますよ!僕自身は36歳で禁煙開始したんで、すこし寿命が縮んだかなぁ。。。

でも年齢がいくつになろうと禁煙は健康にいいということに変わりはないし、禁煙したいと思う気持ちもこれから変わることはないですしね。

この記事を見て一層禁煙してよかったという気持ちと、今後もう喫煙しないぞという確信が持てました。

スポンサードリンク

 

-禁煙に成功したメリット