いいねブログ!『僕の好きな情報発信箱』

機械メンテナンス屋のかしわモチがネットにハマって試行錯誤しているブログ。

ルールについて

ビリヤードのルール~【8】エイトボール編

8ボールって海外では結構人気が高くて、プレーする人も多いゲームです。8番を入れた方が勝ちっていうゲーム性もシンプルですし、なんたってかっこいい響きですよね『エイトボール』って言葉がw

数年前は世界でこのエイトボール競技で賞金総額が1億円を超えるようなトーナメントも行われました。スグに無くなっちゃいましたが。

エイトボールのルール

エイトボールのルール説明

基本的に2人で行うゲームで、15個全てのボールを使用します。

1番から7番ボールまでを『ローボール』といい9番から15番までを『ハイボール』といい、8番ボールをポケットした方が勝ちです。

■ラックの組み方

エイトボールのラック

エイトボールを中心に置き、一番下の両端に『ローボール』と『ハイボール』を置きます。それ以外は自由に置いてください。

一番上のトップのボールは何番でもいいのですが、慣れた1番を置いてあげると見やすいですね。

■ゲームの進め方

バンキングで先行と後攻を決め、ブレイクショットでゲーム開始です。

そして散らばった球の中で8番以外で自分が狙うグループを『ローボール』か『ハイボール』かどちらかを決めてポケットしていきます。(番号順に落とす必要はありません)

自分のグループのボールを全て落とした後で、初めて8ボールを狙える権利が発生します。

狙った穴(コールしたポケット)に8番を入れた方の勝利となります。

■プレイヤーの交代について

ビリヤードの共通ルールの交代

自分のグループのボールが残っているのに8ボールをポケットしてしまった場合

狙った穴(コールしたポケット)以外に8ボールが入ってしまった場合

エイトボールは番号どうりにボールをポケットしなくてもいいので、比較的初心者の方にも親しみやすいゲームです。

上級者になると、戦略や組み立ての違いに差が出るゲームで、入れているだけでは勝てなくなるといった実力の差が出やすいゲームでもあります。

9(ナイン)ボールのルール

10(テン)ボールのルール

ローテーションのルール

スポンサードリンク

 

-ルールについて