いいねブログ!『僕の好きな情報発信箱』

機械メンテナンス屋のかしわモチがネットにハマって試行錯誤しているブログ。

ブリッジについて

ビリヤードのレールブリッジ(レスト)~作り方と使い方

2015/03/03

ビリヤードのブリッジでどうしてもテーブルのレール(クッション)の上になってしまう時ってありますよね。それも結構な確率で(笑)

このレールの上でスタンダードブリッジを使うと、高さが合わなくて手玉を撞けなくなってしまいます。そんな時にレールブリッジ(レスト)を使ってください。

レールブリッジ(レスト)はレール自身も固定するために使うのでものすごく安定感がよくなります

レール際の球を撞くときは上手に使い分けてください。

スポンサードリンク

レールブリッジ(レスト)の作り方

まずレールの上に手を置いてください。

ビリヤードレールブリッジの作り方

人差し指を上にあげて

ビリヤードレールブリッジの作り方2

親指を中指の付け根に持っていき伸ばします

ビリヤードレールブリッジの作り方3

キューを中指の先と親指の第二関節にくっつけて

ビリヤードレールブリッジの作り方6

上から人差し指でキューが横に動かないように抑えます

ビリヤードレールブリッジの作り方5

これでキューは上下左右全ての方向から抑えられていますので、安定したショットができるはずです。

レールブリッジ(レスト)を使う時

手玉がレール付近にあり、テーブルに手がおけない時はほとんどこのレースブリッジ(レスト)を使うことになります。

レールに対して斜め向きでも垂直でも両方使用できますし、レールからのブレイクショットのときも使用します。

上下左右から固定されているので、結構強く撞くことができるブリッジです。

レールからさらに後方のブリッジ

レール際に手玉がくっついてしまった時はレールの上にブリッジ(レスト)を組むこともできません。

その時はレールのさらに後ろでブリッジ(レスト)を作ることになります。

この時はレールの端に指を掛けてスタンダードブリッジ、もしくはオープンブリッジを使うことになります。

レール上でのブリッジをしてショットをするとき、たまに狙いがおかしくなることがあります。

それはレールに対して斜めに構えたとき、レールが斜めになりますので、キュー先が斜めに滑ってしまうからです。

しっかりと固定しないとこのような事が発生しますので、シッカリと締めつけてブリッジしてください

スタンダードブリッジ(レスト)

オープンブリッジ(レスト)

球越しのブリッジ(レスト

ブレイク時のブリッジ(レスト)

ジャンプショット時のブリッジ(レスト)

スポンサードリンク

 

-ブリッジについて
-,