いいねブログ!『僕の好きな情報発信箱』

機械メンテナンス屋のかしわモチがネットにハマって試行錯誤しているブログ。

用語

ビリヤード用語【穴フリ】

ビリヤード用語の『穴振り』は穴に入れれる範囲内で許される厚み、当て前の幅。

ビリヤードのポケット(穴)はだいたいボール2個分くらいの幅があります。

この穴の幅を利用することによってポケットするのですが、穴の真ん中に入れたいのが人の性。ですが状況によっては穴の一番端(例えば左側いっぱい)に入れなければいけない事もあります。

この穴の大きさを利用することを『穴フリを使う』といいますぅ。

穴フリを自由自在に使えるようになったら立派な上級者!穴フリを使って球を飛ばしまくっているあなたは立派なB級さんです(笑)

使い方

『こんなんネクスト出せへんわ』『穴フリ使ったらいいやん』

意味

『こんなの次の配置に手玉持っていけないわ』『穴の許容範囲でずらしてなんとかしたらいいじゃん』

って感じですかね(笑)

穴フリって簡単に言えますけど、この穴フリを使ってプレーするのは難しいですし、神経使います。

ビリヤード用語一覧表

スポンサードリンク

 

-用語