いいねブログ!『僕の好きな情報発信箱』

機械メンテナンス屋のかしわモチがネットにハマって試行錯誤しているブログ。

ブリッジについて

ビリヤードのメカニカルブリッジ(レスト)~ゲタの使い方

ビリヤードのメカニカルブリッジって何かわかるでしょうか。

あのビリヤードテーブルの横にある手の届かない時に使う棒の事です。

メカニカルブリッジ

地域によって呼び方は違うかもしれませんが基本は『メカニカルブリッジ』、関西では『ゲタ』と呼ぶこともあります。

出来ることなら使いたくない!使うべきではないモノなんですが、身長2M以上ないとあの『メカニカルブリッジ』のお世話になることが発生します。

どういう場合に使うかと言えば、手玉(白玉)が自分の体から遠く離れたところにある場合などに使用します

右利きの人なら左手のブリッジが手玉近くにおけない時などです。

おもむろに左手でブリッジするであろう場所に『メカニカルブリッジ』を置いてください。

その上にキューを置くのですが、メカニカルブリッジの先の形の凹んでいるところにキュー先を置き、手玉を撞きます。

練習しておかないとイザという時使えませんので心しておいてください。

身長が低めの方はお世話になる頻度が高いと思いますので必須です。

この『メカニカルブリッジ』を使ってジャンプショットもできます。

メカニカルブリッジジャンプ

ビリヤードテーブルの真ん中で左手が届かなくても心配なし!『ゲタジャン』もマスターできればより一層ビリヤードが楽しくなるかも。

この練習はお店の人に断ってからしてください。ラシャ破ったら弁償してね(笑)

スポンサードリンク

 

-ブリッジについて