いいねブログ!『僕の好きな情報発信箱』

機械メンテナンス屋のかしわモチがネットにハマって試行錯誤しているブログ。

上達方法

バンキングで絶対にスクラッチしない方法

バンキングって簡単そうに見えるけど結構難しい技術の一つ。

テーブルやラシャによって加減はまちまちやし、クッションの跳ね返り具合でひどい時は1M位違う時がある(笑)

そんなバンキングで自分の手玉をスクラッチしてしまった経験は絶対に1度はあるはずやと思う。

テーブルのコンディションが原因やったり(台がちょっと傾いてたり、レール際にヨレがあったり)、自分がちょっと横を撞いてしまって余計な回転が掛かってポケット方向に転がって行ったり。

そんなバンキングでスクラッチする確率を格段に下げる方法がある。

バンキングでスクラッチしない方法

実際に試合で使っているA級もいる方法とは、レール際からバンキングして、正面の1ポイントあたりを狙って撞くという方法

これなら自分の立っているコーナーポケットに落ちることはほとんどなくなる。

大事なバンキングで先行後攻を決めるときにスクラッチで権利が無くなるってのは防ぎたいよね。

普通に正面向いてバンキングしてスクラッチするのと、このように端から少し斜め向いてバンキングしてブレイク権を取るのどっちがいいかは明白やね!

スポンサードリンク

 

-上達方法