いいねブログ!『僕の好きな情報発信箱』

機械メンテナンス屋のかしわモチがネットにハマって試行錯誤しているブログ。

ルールについて

テンボールとナインボール、どっちが好き?最近は10個が主流?

最近平場でも10テンボールをする人が多くなってきているよね。

試合もテンボールを採用する場合が確実に多くなってきているし、当然の流れといえばそうかもしれないけど、一般的にはやっぱりまだまだナインボールが有名なのも事実。

でも俺自身はテンボールが好き!

テンボール

9ナインボールに比べて球が1個多いだけやん!って思うかもしれないけど、細かなルールがちょっとだけ違うので、特に上級者は好んでプレーする傾向にあるように感じる。

一番に挙げられるのが、テンボールはコールショットを採用しているところ。

このコールショットってのは、狙う球と入れる穴を指定することで、コールした番号以外の球が入ったり、狙ったポケットと違うポケットに入った場合は相手にプレーに交代となるルール。

このルールでマグレやフロックがかなり少なくなり、運に勝負を左右される確率が下がるってことやね。

9ボールではブレイクで1,2個インすると実質7個ぐらいからのスタートになる場合が多いけど、10ボールではブレイクインする確率も少し下がるので、テーブルに残っている玉の数が2個ほどは多くなる。

ってことはトラブルが出来ている確率もグッと上がり、難易度も上がるし、マスワリの確率も下がり、順番が回ってくる可能性も上がる。

9ボールでは一方的な展開になる相手でも、テンボールではちょっとチャンスがあるかも!と10ボールを好む人が多くなってきたような感じがするわ(笑)

ブレイクする位置もテーブルのサイドから割るレールブレイクから真ん中での平場からのブレイクになるし、普段から練習しておかないとなかなか難しいよね。

実際に俺自身もナインボールよりテンボールを選んでプレーすることが多くなった。

だって毎日撞いてる店員さんや格上のSA級の人なんかとナインボールしちゃうとバカバカマスワリされて順番回ってこないし、肩が冷えるばっかりやん!その点、テンボールだとそこそこ回ってくるし、撞いたって感覚が得られる。

フロックが無くなるってのも大歓迎!お互いに納得してビリヤードが楽しめるし、何と言っても勝っても負けてもフロックがなければ後腐れがない

でも難易度が上がってる分、自分自身も取りきれなくて負けるっていう結果は変わらないけどね(笑)

スポンサードリンク

 

-ルールについて