いいねブログ!『僕の好きな情報発信箱』

機械メンテナンス屋のかしわモチがネットにハマって試行錯誤しているブログ。

実際にサイト売買をしてみた

サイト売買時の販売金のやり取りは仲介会社が仕切ってくれる。

サイト売買の契約書が郵送されてきました!

売買契約を締結するわけなんですが、お金のやり取りはどうするのというのが一番気になると思います。

それは仲介役のサイトM&Aさんのエスクローサービスというものを使用します。(サイトM&Aさんのお金をプールしてくれるシステムです)

買い手側さんがサイトM&Aさんのエスクローサービスに入金をした時点で売り手側である僕は入金確認をし、サイトの引き渡しを行います。

具体的には、サイトのドメインの移管、ECサイト今回はカラーミーショップのパスワードとIDを買い手側さんに公開します。

全ての引き渡しが終了した後に、買い手側さんのOKが出れば、サイトM&Aさんから売り手である僕に入金があるという形。

仲介役がいるということで、いったんお金を預かってくれるので両社とも納得のいくやり取りが出来ると思います。

個人で売買するとお金のやり取りのタイミングが難しいですよね。

払ったのにサイトが譲渡されない、サイトを譲渡したのにお金が貰えない、なんてトラブルが一番困りますからね。

サイトM&Aさんにはサイト販売金額の10%の手数料支払わなければなりませんが、安心感は大きいのでお勧めです。

ちなみに200万円以下のサイト売買は手数料30万円一律です。

ネット社会はお互い顔を合わせることが少ないので、信用や安心感というものはなかなか構築しにくいですよね。

第3者、ここではサイト売買の仲介会社も信用のある大きな会社を選ばないと困ったことになる可能性がありますよね。

今現在、売買契約書を交わした段階で、大きなトラブルもなく、順調に進んでいます。

次回はエスクローサービスに入金確認後、サイトの引き渡しとなるはずです。

この作業はどうなるかまたアップしますねー。

スポンサードリンク

 

-実際にサイト売買をしてみた