いいねブログ!『僕の好きな情報発信箱』

機械メンテナンス屋のかしわモチがネットにハマって試行錯誤しているブログ。

楽天

楽天アカウント乗っ取り犯人を追いかけたい!結果は

楽天アカウントにログインできなくなり、不正に買い物を誰かにされた!という記事の続きです。

さて楽天のアカウントを乗っ取られて、商品購入をされてからなんとか商品のキャンセルが出来ているかどうかがわかる月曜日が来たのですが、販売店であるECカレントさんからは何の返事もない、ということで電話しました。

名前と注文番号を告げ、アカウントの不正操作での購入なのでキャンセルしてほしいと伝えました。

すると確認してくれ頂いた返事は

「クレジット決済の不正があったため商品発送はしてません。このままキャンセルさせていただきます」とのこと。

これで犯人に商品が渡ることは無くなった!

で、ここから犯人につながる証拠を集めたいので発送先住所や注文電話番号を聞いたけどやはり教えてくれない。

個人情報保護がここでも邪魔をしやがる。

僕の名前で注文してるのに僕が聞けないなんておかしい気もするが、ここで押し問答していても仕方がない。

こういった事例が沢山あるのか聞いてみると

「最近楽天さんがらみで何件か発生しています」とのこと。

皆さん楽天アカウントにクレジットカードの登録をしないように気を付けましょう!

さぁもう最後の手段ということでダメもとで警察に電話をかけてみる。

事の顛末を語ると自分が住んでいる警察署の生活安全課かサイバー対策課に連絡してくれとのこと。

警察の方に一から話をした。

楽天でアカウントが乗っ取られ、クレジットカードの不正利用をされ、ECカレントというお店で商品購入されかけたこと。

注文番号や購入商品もすべて伝え、何とか一矢報いたいが警察の方は

「クレジットカードの実被害は無いのですね」

ということをやたら強調する。

そうですよ、事前に対応してもらったので被害にはあってませんが、乗っ取られて商品購入までされ、クレジットカードを再発行するという被害には会いましたよ!

金銭での被害がないので動いてくれないという雰囲気がぷんぷんと漂いました。

警察よ、未然に防ぐ気は無いのか!

このような事例ではみんな警察に連絡すら入れないで忘れ去られていくことがほとんどなんだろうなと感じました。

最後に警察官が言ったのが

「何か捜査で分からないことがあれば連絡させてもらいます」ということだけ。

捕まえますって言葉が嘘でも欲しかったのにな。まぁちょこっとは動いてもらえるのかもね。

僕自身もトーンダウンしちゃった。

発送先住所も注文電話番号もすべて足が付かないようにしているとはいえ、こんなことが日常行われていて、それが自分に降りかかったということが運が悪かったのか管理が甘かったのかは分かりません。

スポンサードリンク

 

-楽天