いいねブログ!『僕の好きな情報発信箱』

機械メンテナンス屋のかしわモチがネットにハマって試行錯誤しているブログ。

旅行

下北山スポーツ公園「きなりの郷」キャンプ場!アウトドア初心者の口コミレビュー!コテージ最高♪

2家族7人で下北山スポーツ公園「きなりの郷」のキャンプ場に行ってきました!

B型8人用コテージに宿泊したのですがものすごく広くて最高でしたよーー!!

小学校1年生2人、中学1年1人、大人4人で素人キャンプ!という事で設備がそろっているという下北山スポーツ公園キャンプ場に友人家族のお誘いで行く事になり、3か月前から予約をしてもらっていました。

ではこの1泊2日の口コミレビューを順番に振り返っていきたいと思いまーす。

スポンサードリンク

下北山スポーツ公園キャンプ場までの道のり

土曜日の朝9時半に奈良県香芝市付近を出発!

車は何とハイエースのグランドキャビンをレンタカーで借りました!なんと豪勢な(笑)

これが全員で話しもでき、お父さんが2人いるので運転手も2人とものすごく快適でした。

吉野の山奥まで行く下北山までの道のりは約3時間半、道幅も広く大きな車でも問題なく通行可能。

途中道の駅のような場所もあり、トイレ休憩は何度でも取れます。

最後池原ダム近くでは山道が本格的になり、車酔いする人は酔い止めが必要ですよー!

休憩しもって到着は1時くらいになりました。


コテージのチェックイン時間が2時からなので下北山スポーツ公園入り口前の川で遊ぶ事に!

下北山スポーツ公園前の川で川遊び

下北山スポーツ公園の入り口前には農協が運営するショップしもきたというコンビニのようなスーパー(ちょっとした肉とビールなどのアルコールが売っています!)があり、その前には池郷川が流れています。


行ったのが9月前半という事でまだまだ夏日だった為、時間つぶしとして川に入って遊びました。

下北山スポーツ公園キャンプ場では川遊びができないと思っていたのですが念のため持ってきた子供のウォーターシューズがいきなり活躍!

河原で足だけ水に浸かって石投げや魚探しを堪能しました。

中学生のおにーちゃんは全身入って泳ごうかという勢いでしたが止められてました(笑)

水遊びができる用意をしておけば下北山スポーツ公園の入り口前で子供は十分に楽しむ事ができますよ!


川の前のショップしもきた

いざチェックイン!

入口から車で1分ほど(徒歩だと6~7分坂道を登ることになります)で下北山スポーツ公園キャンプ場のセンターハウス!ここでチェックイン。

チェックイン時は受付の段取りがあまりよくないので混み合う場合があります。

土曜日の2時は一番人が集まるので注意。

このチェックイン時に温泉のチケットを購入しておけば割引(100円引きかな)なのでお得です。きなりの湯に行く方は絶対に購入しておきましょう。

センターハウスにはバーベキューコンロから木炭、焼き肉のたれや子供の遊び道具など結構色々なモノが売っています。忘れ物があった時には重宝しそうです。


ビールなどのアルコールは販売していないので下北山スポーツ公園の入り口前のショップしもきたに行き、閉店前に買いだめしていた方がいいですよ!

実際僕もビールの追加購入をしました。

受け付けが終わるといざコテージに!車ごとコテージ前まで移動できますよ!

駐車も結構自由でコテージ横の好きな場所にドーンと。

B型コテージに宿泊!

8人宿泊可能で寝室は2つ、など色々な情報がきなりの郷の公式ホームページからわかりますが、実際は圧巻の広さ!!


8人ってこんな広さがあったらマットレスや寝袋さえあれば20人でも宿泊可能やわ!!ってくらい広くて気持ちが良かったです。

エアコンは寝室2つにあり寝苦しい事もなし。キャンプに来ているのかホテルに泊まっているのか分からないくらい(笑)

まずはコテージの広さを堪能し、夕方まで子供はブレイブボードに乗ったりコテージ裏の広場で栃の実(本当に栗みたいな実)を拾ったりして遊び、

お父さん二人はビールを飲みながらバーベキューの段取り開始!

お母さん二人は子供と遊びながらコテージ内でカレーの準備を始めてくれました。

カセットコンロがあるので鍋とガスさえ持っていけばカレーは簡単に作れます。

小12人はカレーの準備の手伝いをしながらコテージ内で転がりまくってましたね。

中一のおにーちゃんはパパ達とバーベキュー火遊び。ショップしもきた前の雑木林で拾った栗を焼いて食べましたが旨かった。

お腹が減ってきたと同時にバーベキューが始まり、カレーも完成し、後は全員で食べて飲んで好きに時間を過ごしましたよ。

そして暗くなってきたころに手持ち花火をキャンプファイヤーをする場所でさせてもらいました。

きなりの湯

お腹も一杯になって気分良くなって後は寝るだけ!という時に全員で温泉「きなりの湯」に行きました。

キャンプ場から徒歩で行けるとは書いていましたが、実際は結構アップダウンがあるし暗くなった道路は危険なので車で移動することに。

歩くと5分ほど掛かりそうな感じ、夏は暑いので勘弁。

飲んでいないおかーさんにハイエースを運転してもらい、1分で到着。

温泉自体は規模の小さなスーパー銭湯という感じで、シャンプーなどは全部そろってますよ。タオルは持参だったかな。

全体的に清潔で露天風呂もあり!お湯がぬるめの「ぬるめの湯」があり長く入れました!風呂上がりにジュースも飲めるし、良かったかな。

ドライヤーは無料でおいてるけどパワー不足。僕は短髪なので何の問題もなかったけどね。

土曜日の夜という事でまぁまぁ混雑はしていましたが問題なく入浴でき、さっぱり気分よくコテージに戻る事ができましたよ。

一泊して翌朝

夜はコテージでエアコンを効かして気分よく就寝。

トイレは広く、使いやすかったです。

前日は遊び疲れて10時過ぎには寝たので、朝7時には全員起きてました。

コテージのベランダから見る外の景色は最高でしたよ!朝のコーヒーも美味しかった。


池原ダムに下の広場に行くと、フリスビーを楽しんでいる人やテントキャンプをしている人たちがいました。



大型ヒュッテに宿泊している人たちも楽しそうだなー。

10時のチェックアウトまで残ったカレーを食べて、まったりと過ごし、9時前くらいから片付け開始。

コテージの目の前に車を停めれるので荷物の搭載も楽!

もう一泊したかったねーなんていいながら片付けも終了し、後はチェックアウトだけ。

センターハウスで手続きを行い終了。

そして帰途につきました。

下北山スポーツ公園「きなりの郷」のキャンプ場まとめ

僕自身キャンプの超初心者でテントも持っていないし、アウトドアはバーベキュー以外ほとんど知らない人間ですが、この下北山スポーツ公園のキャンプ場では快適に過ごす事ができました。

それもこれもすべてコテージ宿泊が大きかったのだと思います。

正直コテージに泊ると結構な金額が掛かります。

B型コテージは8名宿泊で1泊3万5000円!

高いなーと最初は思いましたがこんな楽しい経験ができるなら安い買い物だなと感じました。

小学校1年が2人いたのですが、安全で安心なコテージがあるからキャンプできたのかなと。

往復の移動と現地でのキャンプ、帰って来てからの思い出、すべて合わせていい経験ができたなーって思います。

来年もどこかのキャンプ場に行こう!と約束する気になったのもこの下北山スポーツ公園「きなりの郷」のキャンプ場のおかげかなと感じます。

ちょっと現実逃避したいな、アウトドアを感じたいなという時、初心者でもお勧めのキャンプ場ですよ!

スポンサードリンク

 

-旅行