初めての記事外注!頼まない理由ってなに?特別単価0.6円の紹介も

外注記事を安く頼みたい!

初めて外注記事を利用してみたい!

そんな時には一文字単価0.6円で発注できる「Shinobiシノビライティング」から初めてコツを掴んでいくことをお勧めします。

1000文字で600円!一回お昼ご飯を我慢すれば頼める金額です。これなら思い切って注文できますよね。

ブログやアフィリエイトサイトの記事を沢山書きたい!

安い記事外注

ブログサイトを運営していたり、アフィリエイト報酬を出したくて特化型のサイトを作っていたりしていて一番大変なことは

「記事を書くこと」

ですよね。

一番必要なことにして一番時間のかかる作業であるこの記事作成作業ですが、当然最初はほとんどの方が自分で記事を書いています。

ですが実際に書いてみればわかるのですが、一人で記事を書いていると1日にかける記事数の限界がわかるのです。

書きたい内容についてリサーチして、文章の構成を考えて、他のサイトにはない付加価値を探して調べて書く!

文字数は最低1000以上で多ければ3000〜5000文字なんて記事もよく見かけます。

一人で作業しているとこのルーティーンを繰り返し、1日に1万文字もかければすごい方ですよね。

1000文字なら10件、3000文字なら3件の記事が出来上がることになります。

これってむっちゃ頑張って一日中書いてこの数。

書いた人ならわかります。

特に自分の知らないジャンルについてアフィリエイトを行う場合は下調べに時間がかかります。

調べれば調べるほと難しく感じますし、量も吐けないというスパイラルに入り込むことがほとんどです。

なら、その業界見に詳しかったり、沢山記事を書くことに慣れている人に書いてもらう方が圧倒的にスピードが上がりますよ!

1日に自分の書いた記事と外注で書いてもらった記事を合わせると、2人3人でサイト更新しているスピードとなり、収益化も早く進みますよ!

外注記事を頼まない人の思考

とはいえお金をかけて記事を頼むって結構勇気がいりますよね。

モチ自身も最初は「本当に大丈夫かな」「お金を捨てることにならないかな」

なんて思っていました。

なかなか外注記事を頼むことに踏み切れなかったのです。自分で描くのには限界があるって感じていたのに!

「自分の思っている記事とは全然違うものが出来上がってきそう!そんなのにお金払うなんていやだ」これが一番モチの行動を阻害した原因でした。

ですがこの言葉ではっきりとわかったのです

お前の考えてるその記事内容、本当に当たるの?稼げるの?

そうです、自分で考えてこれいけるぞ!って思った内容の記事なので勘違いしているかもしれませんが、当たる保証なんてどこにもないのです。

逆に外注記事が当たらない!なんてこともないのです。当たることがあるのです。

頼んで初めてわかりました。

自分一人で考えていることや、でてくるキーワードなんてたかが知れているのですよ。

なら別の人に書いてもらった記事にも沢山知らないキーワードが入っていたり、新たに知る知識もいっぱい入っているのです。

外注記事を頼むことに躊躇しているその考え方、ほとんどの人がそうなのです。

では他人と差別化して、スピードをあげるには外注記事を頼むという行動に出ることなのです。

正直月7桁稼いでる人で外注記事を頼んだことが無いという人は殆どいないでしょう。

外注記事を頼まない理由って結局は「お金がもったいない、払った分だけ回収できない」

と思っているから。

外注記事で得れるのはその記事からの収益だけではなく、その記事に書いている知識や自分では思いつかないキーワード、外注化して空いた時間、そして頼んだという経験です。

100記事考えて頼めば必ず当たる記事が出てきます。

まずは行動する!ということはどの世界でも同じですよね。

できるだけ安く外注記事を頼みたい!一文字0.6円ならここ

記事を外注しよう!と思い切った場合、最初はやはり安くで注文したいですよね。

誰でも一文字0.6円で記事を書いてもらえる方法をご紹介しておきます。

ちなみに納期も早く平均1日後には届きますよ。

300円で500文字、600円で1000文字です。

この価格で記事を書いてもらえるのはShinobiライティングです。

通常は一文字1円単価なのですが、アフィリエイター御用達の「afb(アフィリエイトb)」を通して記事を注文すると一文字0.6円単価になるのです。

文字単価0.6円

afbの管理画面からShinobiライティングのページに変遷するだけでこの特別単価を利用することができるのです。

まだafbに登録していない人はこの機会に申し込んでおきましょう。

結構いいアフィリエイト案件も揃っていますよ。

afb(アフィb)のお申し込みはこちら

記事外注は沢山ある!安いものから高額なものまで

今回は初めて記事外注をする人向けに安い文字単価の記事外注をご紹介しましたが、実際に外注を頼んで納品された記事を読んでいくとどんどんと自分自身も成長することがわかります。

「もっといい記事が欲しい!」

となると単価が上がってくるのは当然ですし、一文字5円や6円払うと本当にいいなー!と思う記事が納品される確率が上がります。

高額な記事で儲かるかどうかはあなたが発注するキーワードにもよりますが、読んでいてちゃんとした文章で、説得力があるなーと感じます。

とりあえずスタートは安い単価の記事を頼んでみて「記事外注に慣れる」というところからスタートしてみてください。

コメント