いいねブログ!『僕の好きな情報発信箱』

機械メンテナンス屋のかしわモチがネットにハマって試行錯誤しているブログ。

道具の実際

ビリヤードのシャフトは消耗品!適度に使わないと曲がるよ

こないだ久しぶりにビリヤードに行ってきたんですが、全くもって球が入らなかったんですよね。

もうびっくりするような簡単な配置すら取れなかったり、なんでもない10ボールを飛ばしたりと自分でも飽きれてしまいました。

もちろん一生懸命狙っていたんですが、ドあさってとはこのことでしたね―。

もう道具のせいにしてしまおうか(笑)と思うくらいで、シャフトをそろそろ買い換えたいなーと本気で思いました。

現在のビリヤードに置けるシャフトはハイテクシャフト全盛で、僕自身も314-2を使用しています。

314時代からかれこれ10年近く314ユーザーなんですが、昔のシャフトに比べて耐久性が無くなったように感じるのは僕だけでしょうか?

というか使用頻度が下がると寿命も早くなる感じがします。

10枚張り合わせの314-2は柔らかいシャフトなので適度に使用してやらないと劣化するスピードが上がるような気が。

実際に今まで5本ほどの314シャフトを使っていますが曲がったのは今回が初めて。

それも長期間あまり使用せずにお店につりさげて放置していたからなんですよね。

適度に使用して湿気が入らないようにするのがシャフトを長期間使う秘訣なんですかね。

新しいシャフト欲しいなー。

やっぱり314-Ⅱになっちゃうのかなー。

スポンサードリンク

 

-道具の実際