いいねブログ!『僕の好きな情報発信箱』

機械メンテナンス屋のかしわモチがネットにハマって試行錯誤しているブログ。

空き巣に入られた~防犯対策

あけたらタイマ「WTP5331WKP」の交換取り付け工事写真解説!

2015/03/03

先日購入したパナソニックの「コスモワイドシリーズ21あけたらタイマ」WTP5331WKPの取り付けを行いましたよー!

写真付きで分かりやすく説明しますね。自分で交換したら無料で済みますしね。

電灯のスイッチ部分を交換するちょっとした電気工事なんだけど、ドライバーが使える人ならだれでもできる簡単な交換工事です。もちろん自己責任でおねがいします(笑)

自信のない人は電気屋さんにお願いしましょうね。

スポンサードリンク

まずは交換する電灯のスイッチの電源ブレーカーを落とす事!!

ブレーカーを落として作業しないと電気がショートするかもしれないし、一番大切な事です!

ブレーカーを落として、電灯が点灯しなくなった事を確認してからスイッチ交換開始です。

まずは現状取り付いているスイッチを外します。

IMG_3337.JPG

スイッチの下側にマイナスドライバーの入る小さな隙間があるのでそこからカバーを外します。

IMG_3338.JPG

ドライバーで隙間を開けて引っぺがしてください、プラスチックの爪でひ掛かっているだけのカバーです。

カバーを外すとスイッチの上下にプラスネジが出てきます。この2本のネジを外します。

IMG_3339.JPG

するとスイッチだけになりました。この時点ではまだ壁に取り付いてます。

壁に取り付けているネジを外すためにスイッチボタンを取り外します。

スイッチの横を見ると赤い矢印のようにボタンの横に引っ掛けてある部分がありますのでマイナスドライバーで押すとスイッチボタンが簡単に外れます。

IMG_3341.JPG

外れるとスイッチ本体を壁に取り付けてあるネジが出てくるので上下2本外します

IMG_3342.JPG

これでスイッチの枠ごと壁から外れ、引っ張り出す事が出来ます。

IMG_3345.JPG

スイッチ裏部分に刺さっている電源ケーブルを外します。ブレーカーが落ちている事を再度確認してください!!

この電源ケーブルは2本ですが家庭の照明の電流はどちらに挿しても点くので大きな心配はいりません。

線を外す時は電線の挿してある部分の横にある穴にマイナスドライバーを押しこむと電線のロックが解除され抜く事が出来ます。

IMG_3346.JPG

ここまでで取り外しは完了!

ここからは逆の手順であけたらタイマWTP5331WKPを取り付けるだけです!

まずはあけたらタイマもカバー類を外し、アルミのフレームが出てくるまで分解します。

IMG_3349.JPG

分解できたら電源ケーブルをあけたらタイマに差し込みます。

ケーブルは強く押し込むだけで刺さりますよ。抜けないか引っ張って確認してください!

電灯側のケーブルを1に電源側を0に挿すのが説明書に書いてある正規の配線です。分かる人はそうしてくださいね。

分からなければどちらを挿しても特に問題ありません。動作します!

IMG_3350.JPG

後は取り外しと逆手順で取り付けするだけです!

IMG_3352.JPG

スイッチボタンもはめ込んでこの時点で一度ブレーカーを上げて電気がちゃんと来ているか確認します!

スイッチボタンのグリーンランプが点滅すれば成功!

IMG_3353.JPG

後はカバー類をネジ留め、はめ込み、完成です!

あけたらタイマ WTP5331WKP

ここまでの作業時間だいたい15分くらいです。

特殊な工具も全くいりません。プラスとマイナスドライバだけで作業できます。

自宅の電灯が自動タイマーでかってに点灯と消灯できる防犯効果の高い照明に変身です!

リビングや玄関、2階の階段電気など交換すれば外出時も安心ですよね!

僕も2階用にもう一個買おうかなw

防犯のため家の照明をタイマーで付け消しできるスイッチを見つけたぞ!

スポンサードリンク

 

-空き巣に入られた~防犯対策
-, ,