いいねブログ!『僕の好きな情報発信箱』

機械メンテナンス屋のかしわモチがネットにハマって試行錯誤しているブログ。

旅行

初心者を箱館山スキー場に連れて行った!割引リフト券と初心者向けのコースの実際の口コミレビュー!

小1で6歳の息子とほぼ初心者の奥さんと箱館山スキー場に行ってきました!先日六甲山スノーパークで初めてのスノボをバートンスノースクールに放り込み、滑れるようになった子供に楽しさを知ってもらうために企画!

奈良から2時間半程で行ける滋賀県のスキー場に狙いを定めてチェックしてると、「こどもサービスデー(18歳以下)毎月第3日曜日」と言うことでゴンドラとリフト券一日券が半額というキャンペーンに目が止まった!

ということで安く初心者でも楽しく!ということをメインに体験を書いていきまーす(´∀`*)

箱館山スキー場の格安リフト券!

箱館山スキー場のリフト券はスキー場までのゴンドラの往復券と一緒になっています。

定価は一日券で大人一人4800円、子供は3500円ですよ。

いろいろなサイトや割引情報を見た結果、一番安いのはコンビニで事前に割引チケットを購入し現地で引き換えるというもので900円割引の大人3900円子供は400円引きの3100円となります!

ローソンではロッピーで、それ以外のコンビニは各それぞれのコンビニのチケット購入機でJTBから箱館山スキー場のリフト券を探すと出てきます!

映り込み半端なく、光って見にくい(笑)

このサービスは地域限定みたいで、大阪と京都・奈良でしか購入できないみたいなので、滋賀に入ってからコンビニで探そうとしても見つからないかも。

前売り券などはもっと安く売ってるのですが行く直前で一番安い購入方法はこれですね。

唯一心配だったのが「初心者に一日券いるのか?」ということでした。

回数券でいいのかもという不安は現地について一瞬で吹き飛びましたよ!

奈良から2時間半

名神の京都東インターを降りてから湖西道路をひたすら走って6時過ぎ出発の9時45分ほどに到着!2時間半ほどでしたね。

2月の18日で道路はすべて雪がなく、スタッドレスタイヤで行きましたがノーマルタイヤでも全く問題ない日でした。

駐車場も全く雪なし(笑)

駐車場からゴンドラに乗ってスキー場に上がるのですが子のゴンドラで行列が発生!

コンビニで購入したチケットの引き換えに30分ほど並びました(;´・ω・)

もう少し早く到着していたらこの行列は短かったとのこと。

しぶしぶ並び、ゴンドラに乗っていざハコちゃんに!

初心者向きのキッズワールドとスノーボードを持って乗れる第3ゲレンデコースのリフト!

箱館山スキー場のコース図です!

公式ページはこちら

公式ホームページにあるようにキッズワールドは一日券保持者は入場料無料!なのでそのまま入れました。

ゲレンデについてすぐに子供と奥さんをこのキッズワールドに連れていき、スノーエスカレーターでスノボの練習!

ちびっこのスキー教室などにも使われていますし、スノボにも利用可能でしたよ!

エスカレーターの幅が思ったより小さかったので子供の場合はしかkりと親が一緒に乗ってあげましょうね。

午前中はここで1時間ほど練習、11時くらいに早めの昼食をとって昼からはリフトに乗ってみようかということになったのですが、初心者にとってのスノボのリフト降りは鬼門!

そして現地のスタッフに聞いてびっくりしたのが

スノーボードを持ったまま乗り降りできるのは第3リフトですよ!」

という言葉!

第3ロマンスリフトはスノボを足から外して抱えて乗っていいのです!ちょっとびっくり&うれしい!

初心者向けのなだらかなゲレンデで、板を持ったままリフトに乗れるので超初心者でも安心!

僕は子供と奥さんの即席コーチということで一緒に板を持って上から下まで教えながら歩いて降りてきました。

コースも短いので歩いて降りるのもすぐです(笑)

2回目は僕だけ手ぶらで乗ろうとしたのですが(どうせ教えて歩いて降りるのでボードが重いからおいてきた)リフトに乗るときに係員さんに「お父さん手ぶらでは乗れません、板を持ってきてください」と言われました。

板は持って乗れるけど、手ぶらはダメなんですって。これも新発見(笑)

どうあれこの第3ロマンスリフトのおかげで6歳の子供も初心者の奥さんも何回もリフトに乗り、一日券の無駄は全くなくなりましたよ!

初心者にありがちな何度もゲレンデを歩いて登って疲れまくってスノボを嫌いになる、というパターンが解消できるとともに、リフトの楽しさと琵琶湖を眺める景色の良さもプラスで最高でした。

初心者のお子さんや彼女を連れていく予定の方!箱館山スキー場は本当に初心者を連れていく人にとってもありがたいスキー場でした。

ちなみにこの第3ロマンスリフトの降り口はものすごく平坦なので足にスノボを付けたままリフトを降りる練習に使うのもばっちりだと思います。

転んでも座ってもいたくないケツパッドを二人にもはかせていたので楽しいスノボライフが過ごせました(笑)これ初心者には絶対に必要ですよ!

また行きたいって二人とも言ってたので再挑戦しようかなー!

スポンサードリンク

 

-旅行