BRZのSTiはノンターボで追加の30馬力はどうやって増やすのか?!

スバルのBZRのSTi仕様がむっちゃカッコイイぜ!発表では230馬力

BZRは水平対向4気筒エンジンで200馬力なんやけど、残りの30馬力をどこからもってくるかってのが注目やね。

BZR STi.jpg

ターボを付けたら簡単に馬力アップは出来るはずやのに、それが出来ないのはターボ用のインタークーラーを置くスペースがなくて、安全性が確保できないかっらて言う理由。

ほんまや、エンジンルームパンパンやん。タワーバーとか吸気系がいかにもSTiって感じやね。

これって逆を返せば、ターボ化しなくてもSTiを名乗れる実力を秘めてるエンジンだってことと違うかな!

スバルの水平対向エンジンって言ったらスバリストでなくても知ってる有名なボクサーエンジンで、レガシィで脚光を浴びたエンジンやね。

日産好きな俺やけど、RB20エンジンが過去のものになってしまった今はボクサーエンジンが2リッタークラスでは最強エンジンかもしれん。

車名のBRZの頭文字BはボクサーエンジンのBから来てるし意気込みを感じるよね。ちなみにRは後輪駆動、Zは究極って意味!

STiは御存じスバルテクニカインターナショナル株式会社。

日産のニスモみたいなものやね。

この意味を合わせるとスバルが力を入れてる気合いが伝わってくるわ。

それにしてもSTi仕様のノンターボで230馬力をたたき出すってこれは吸排気系のチューニングで達成するみたいだけど、そうなると排気サウンドがものすごく楽しみ

カッコイイ音になる可能性大やね。

コメント