ビリヤードのボールの色

ビリヤードのボールの色について。

ビリヤードのボールの色

基本的にすべての番号と色はどのメーカーのボールでも同じです。

1番 黄色

2番 青色

3番 赤色

4番 紫色ORピンク色

5番 オレンジ色

6番 緑色

7番 茶色

8番 黒色

9番 黄色と白色の2色

10番 青色と白色の2色

11番 赤色と白色の2色

12番 紫ORピンク色と白色の2色

13番 オレンジ色と白色の2色

14番 緑色と白色の2色

15番 茶色と白色の2色

4番と12番はブランズウィックボールが紫でアラミスボールがテレビ対応のピンク色です

1番から8番までをソリッドボールまたはローボール

9番から15番までをストライプボールまたはハイボール(帯玉ともいう)

最初は番号を確認しながら撞いていくことになると思うけど、1週間もたてば何番が何色か勝手に覚えてしまうんで必死に覚えようとする必要は全くなし!

手玉は最近赤いドットのついたボールが主流やね。これはアラミスのドットボールといってテレビなどで手玉の回転がはっきりと見えるようにと使用されてる。このドットの数は6個。

aramith.jpeg

昔は木製だったボールも象牙製になり、ゾウの乱獲で禁止になった現在はフェノール樹脂製のモノがほとんど。

硬いんで絶対に投げないように!

コメント