衆院解散、総選挙に向けて思うこと~投票という基本行動

今日衆議院が解散し、選挙モードに突入ですね。

news5183608_6.jpg

民主党と自民党、さらに第3極といわれる勢力の選挙戦は来月12月に行われるのですが、今回の選挙は何が争点になるのかはっきりしないように感じます。

とはいえ私たち国民にできることは、まず投票する!ということです。

どうせ私が投票したって、、、と思っている方はぜひ投票に。

なぜ僕がこんなことをいうかというと、前回の民主党が政権を取った選挙で投票に行きませんでした。

理由は『どうせ僕が行ったところで。。。』とこんな理由で参加せず。

それから3年4ヵ月の間、民主党の政権に対する思いなどはたくさんありましたが、投票に行っていない僕はこの思いを論じる権利すらないように感じていました。

投票に行ってどこの党なりを支持して投票すれば、現政権に対する考え方も主張できたはずなのに。

もちろん投票してないからといって政治に参加できないというわけではありませんが、僕は何となく権利はあるのに投票にすら行っていない当時の自分の政治に対する興味のなさを情けなく思いました。

3年4ヵ月たった今、もうこんな感覚になりたくないという思いが芽生えたのです。

今回の12月の選挙は必ず参加して、日本の未来のために清き一票を投じたいと思います。

スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
kashiwa0306をフォローする
いいねブログ!『僕の好きな情報発信箱』

コメント