ビリヤードで少しでも上手くなるには、過去を振り返ろう。

過去を振り返るといっても、昨日のことを思い出せっていってるんじゃありません。今目の前で自分が外した(飛ばした)球の事を思い返してください

これをするかしないかでビリヤードの上達のスピードが大きく違います!!間違いない!

成功したことはこの際いいです、忘れちゃってください。多分次も成功します。うん。

でも、失敗したことは考えてください。頭から煙が出るまでw(でもテーブルからはさっと離れてくださいね。あまりしがみついてるとかっこ悪いんでw)

大きく分けて失敗した原因は3つに分けられるはずです。

1.体が動いた

2.思った撞点、スピードで撞けなかった

3.そもそも狙い(厚み)が間違っていた

ビリヤードって基本的にキューで手玉を撞くこと以外何にもできません。

要するにキューの先のタップが手玉に接する一瞬で全てが決定するんです。

その一瞬に何が起こったかを把握して、修正するというスポーツです。

この1.2.3はその瞬間に発生するミスの3つです。

1.の体が動いた、というのはもう基本的に体を動かさないように撞くということ以外にありません。

2.の思った撞点、スピードで撞けなかったは、1.3.の要因がなければあなたのストロークに問題があると断定できます。

3.のそもそも狙いが間違っていたは、何度も同じ経験をを繰り返して正しい狙いを見つけるしかありません。

要するに何が言いたいのかというと、失敗した原因をあぶり出したいと言うことです。

『体が動いていたのか、狙いが間違っていたのか、撞き方が悪かったのか分かりません。』こうなると原因が分からないので治しようがありません。

せめて、『狙っている場所は間違いないし、体も動かなかったけど外れた』のであれば、ストロークや撞点に問題があったと判明します。

失敗した過去を振り返るときに、原因が分かりやすいように分析できると格段に上達します。

過去を振り返らないで、『あっ失敗したけどいいか』だと上手くなるスピードが遅くなっちゃいますよ。僕みたいにw

コメント