なぜ『布袋さん』とさん付けで呼んでしまうのか

芸人さんでもよくあると思うのですが、素人の時は呼び捨てだったけど、業界に入って『さん』を付けるようになった、という話とはちょっと違います。

もちろん僕自身音楽業界とは全く縁も無いですし、布袋さん自身と知り合いでもないです。こっちはイッポーテキに知ってますけど。

いつからこう呼びだしたのかははっきり覚えてないのですが、昔友人が『布袋君』と呼んでいたのです。彼は僕と同い年なんでもちろん布袋さんより一回り以上年下

なぜこう呼んでいたのは今でも分かりませんが、ギター少年だった友人はなぜか尊敬と愛情をこめて君付けでした。

ずっとその呼び方に違和感を感じていた僕は『布袋さんやろ!』と毎回訂正していました。

するとこの呼び方が普通になってしまったんです。

たまに『布袋さんって呼んでるけど会ったことあるの?』と聞かれます。

ハイ。コンサートなどで会ったことありますが、なにか?!

多分尊敬する人を呼び捨てに出来ないという心理が働いているのは確実です。

でもコンサートなどでは『ホテイーッ!サイコー』と呼び捨てですけど。

ファンの方は『さん付け』してる人多いと思うんだけどどうでしょうか?!

コメント