ヨルダン戦で中東の笛がより一層きつくなる理由!

ワールドカップ最終予選のキーポイントになる試合、ヨルダン戦が近づいてきましたねー!

ヨルダン戦

ホームで行われた試合では6-0で快勝した日本代表だけれども、今回はアウェーでの試合。

俗に言う『中東の笛』に試合を左右されるのは目に見えているだけにどうなるのか予想が付かないですが、すっきりと勝ってワールドカップ出場一番乗りを果たしてほしいねー!

ちなみにFIFAの副会長はヨルダンのフセイン会長

昨年の9月のヨルダン対オーストラリア戦では主審がスタンドにいる副会長の方を何度も見ていたし、不可解な笛が多かったとの情報も。

まぁペナルティエリア内の接触は間違いなく日本にとって厳しい審判がなされるだろうね。あー中東での試合はすっきりしないわー(笑)。

さらに今回は本田と長友がケガで招集されていない。

個性の強い2人が抜けるというのはファンにとっては寂しいけど、代わりのメンバーも力のある選手ばかりだから期待したい。

本田の変わりは中村憲剛で、長友の代役は駒野が有力視されてるよね。サイドバックは若い酒井高徳を使って欲しいんだけどなー。

何にしても勝ってワールドカップに向けての準備期間を少しでも多くとって欲しいし、勝たなければいけない試合ということは間違いないよ!

コメント