おもちゃのお医者さん

子供のお気に入りのトーマスのプラレールがスイッチは入って車輪は回転するんだけれども、トルクを掛けると全く進まないという現象に陥りました。

手で車輪を触ってみると全く力が伝わってこないんです。これじゃ走らないって感じ。

でもスイッチは入り、空中だと車輪は回転する。

ちょっと分解してみて原因がわかりました!

最終的に車輪に動力を伝えるシャフトに小さなギアが付いているのですが、このギアが割れて空回りしていたんです。

プラレールのシャフトギア破損交換

トルクが掛ってないときには回転し、車体をレールに置くと全く進まないのはこのギアが完全に空回りしていたから。

この小さいギアの入手方法もわからないし修理方法もわからなくて諦めていたんですが、今日近所のバザーで『おもちゃのお医者さん』なるモノがあったので早速持って行ってみました。

50~60代くらいの先輩方が5人ほどボランティアで子供のおもちゃの修復をしてくれるんです。

ウチのボウズのプラレールを見てもらうとすぐに直してもらえました!

びっくりしたのがギアも交換してくれてすべて無料!たくさんの専用工具を並べてお仲間5人で『あれ貸して!』なんて言いながら楽しそうに修理してくれました。

聞くと、『本当に高い部品以外はほとんど無料でやってるよ』とのこと。ありがたいことこの上ないし、子供は大喜び。

笑顔の息子に『良かったね』と言ってくれた先輩方に感謝です。

こういった活動は本当にいいものですよね。いつか自分も仕事をリタイアすることが出来たらこういったことしてみたいなと感じた時間でした。

コメント