ライバルって上手くなるにはものすごく良いスパイス!

どんなスポーツでもそうですが、ビリヤードでもライバルがいるかいないかで大きく上達するスピードが違います

僕自身も最初始めたのは、高校の同級生に誘われたというのがきっかけでした。

その同級生が僕より少し上手だったので、『絶対にコイツより上手くなってやる』という気持ちが初心者の心に火を付けたのです。

店に行くと『昨日彼来てたで』と店員さんに言われると、やばい、置いていかれると感じたものです。

自分の通っているお店に自分より少し上手い人を勝手にライバルにしてください

相手は自分の方がかなり上手いと思っています。ですが上級者目線で見ればドングリのせーくらべですw

お互いに意識することによって『あいつには負けたくない』というプレッシャーが上達を確実にはやめてくれます。

もし自分が通っているお店にめぼしいライバルがいなかったら、よそのお店に探しに行くとなおいいと思います。

その人目指して1カ月に1回程度勝負していると、自分の立ち位置がわかってきます。

そうやってライバルを勝手に作って成長して、さらにレベルの高いライバルを設定してまた成長する。これ最高の上達スパイラルですねw

もちろんライバルも上昇志向が高ければ同じように上達するので、『永遠のライバル』の出来上がりです。

そんな方とは1年もたてば長い付き合いのできる友人にもなっているはずです。

コメント