ビリヤードでのセンターショットは野球の素振りぐらい大事

ビリヤード場でセンターショットって聞いたことないでしょうか。

センターショット

ビリヤードしていたら必ず通る道なんですが、テーブルの真ん中(センタースポット)に先玉を置き、ブレイクラインに手玉を置き、コーナーポケットにまっすぐ狙う基本練習です。

ようするにまっすぐキューが振れて、まっすぐ狙えて、まっすぐ撞ければ入るっていうショットです。ジャパンナインボールや、ローテーションでも頻繁に出てくる配置です。

これが結構難しいんですね、このセンターショットを成功させるかさせないかでゲームの流れがガラッと変わってしまうくらい重要なショットです。

この練習は初心者は正しいフォームやストロークを身につけて、狙いを覚えるために、上級者はストロークの再確認やショットタイミングの確認などの練習方法です。

100球付いて95級以上入るようになったときには完全に一人前になったと思っていいでしょう!

一回チャレンジしてみてください、いい精神修行になりますよ(笑)

コメント