ジャンプショットはスピードが命

ビリヤードをしていると一度はやってみたくなるのが『ジャンプショット』ですよねー!

ビリヤードジャンプショット

テレビなんかでビリヤードが取り上げられる時はこのジャンプショットって必ず出てきますし、花形のプレーですね。

でも多くのビリヤード場では『初心者のジャンプショットやマッセ禁止』とかいたポスターや張り紙が目立つ所にあり、なかなかチャレンジしにくいです。

もちろん勝手に練習してラシャを破いたりしたらシャレになりませんので、気を付けてください。

そんなジャンプショットですが、最初はなかなか飛びませんが、コツを掴むとこんなに簡単だったのかというくらい飛びまくります。

ジャンプキューを使ってキューを立ててショットするんですが、コツはキューのスピードと、撞く撞点です。

球を上から叩くように撞き下ろすのですが、ここで手首のスナップを使ってスピードを上げてください。これでもかというくらいに!

ひじを折り畳むより手首を利かす方が圧倒的に簡単です。

そして撞く点は斜め上から球を見た真ん中を撞いてください。

この2つが出来るとびっくりするくらい簡単に飛びます。

最近のジャンプキューの性能にびっくりするばかりですが、いったんコツをつかめば、女性でも可能です。

背の低い方は少しやりにくいかもしれませんが、そんな時はダーツジャンプと言う方法があります。

これはまた別に書きますね。

ジャンプが飛ばなくてイザと言う時にとんでもないファールをしてしまったという方は、ビリヤード場のラシャ張り替え時期を店員さんに聞いて、交換する前にしこたま練習させてもらうといいですよ。ラシャ破れてもいい時なんで(笑)

ジャンプショットのブリッジの作り方

コメント