野球とサッカーこの先人気が伸びていくのはどっち?!

野球とサッカー、どっちが盛り上がるのでしょうか?!

昨日のワールドカップ出場を決めたサッカー日本代表、試合後渋谷の交差点や大阪の道頓堀で若者がはしゃいでいましたよね。

まぁその行為自体はここでは置いといて、こういったたくさんに人が集まって喜びを爆発させるって今まではプロ野球の優勝時でしたよね。

数年前までは野球の独壇場だったように感じます。

僕自身も10年間野球をした少年だったんです。

甲子園には何度も観戦に行ったことはありますが、サッカーは競技場に行ってみたことはありません。

昔、家のテレビではゴールデンタイムに野球中継が流れ、父親と共に良く見ました。

でも今では野球中継をあまり見なくなりました。

放送はあるものの、終盤に急に放送終了したり、放送自体が減ったのもあるとは思いますが、野球の魅力が少しずつ無くなってきているように感じているんです。

代わりにサッカーが少しずつ面白く感じています。

Jリーグに興味は無いんですが、日本代表の試合は出来るだけ早く帰ってテレビ観戦!

こう考えると20年前の野球と入れ替わってきています。もちろん僕の主観です。

なぜ野球少年だった僕が野球離れを起こしているかちょっと考えてみました。

野球のWBCは面白いんです!でも今回大リーグ組が出場しなかったことで期待が半減。

サッカーのワールドカップ予選は欧州組が出場し、期待を込めて観戦しました。

そうなんです、スポーツ選手の海外流出が増えてきたここ最近、日本のスポーツ自体が世界レベルでどうなのかというところが重要視されてきていると思います。

その中で野球はWBCの実績を考えれば十分世界レベルです。

けど、野球というスポーツ自体が世界標準じゃないんですよね。世界でのプレー人口が少ないんです。

それに対してサッカーは世界で一番プレーされているスポーツ。間違いなく世界標準であり、誰もが知っているスポーツ。

ここに大きな差が出てきているように感じます。

それだけ日本のスポーツも成熟してきているということですよね。

もう国内だけで強いとかそういうレベルで楽しめなくなってきているんです。僕だけかな。

成長している日本のサッカーと成熟しきった日本の野球。どちらに魅力を感じるかは個人の好み。

でも若者は成長が魅力と感じますよね、間違いなく。

今回の渋谷や道頓堀での騒ぎもそう考えると頷けます。

そう考えるとこれから先サッカーが野球人気をひっくり返す日が来ると思います。

野球少年だった僕が、にわかサッカーファン親父になったように。

あっもちろん野球も好きですけどね(笑)

サッカー日本代表は人気があるがJリーグはなぜ無いか

香川真司選手と中村俊輔選手のコラボ。お互いの得意技披露!

サッカーで燃える国 野球で儲ける国―スポーツ文化の経済史

コメント