ツイッターでのトラブルを防ぐには使い方を学校で教えるしかないのか?!

最近ツイッターで従業員が飲食店の冷蔵庫に入った写真を公開して問題になったり、店員を土下座させた写真を掲載したりと問題を取り上げられることが多いですが、こんどは芸能人の整形を呟いたと問題になっています。

そのツイートした人物は整形外科医の息子。

父の仕事で知りえた情報を公開したという事ですよね。

完全に守秘義務違反に当てはまりますよね。

もちろん医者の息子という事で守秘義務については知っていて当然というのが世間一般の感覚ですが、本人は知らなかったのでしょうか。

ちなみに整形をしたとツイートされている芸能人の方はここで書くのも何なのでこちらをどうぞ

ツイッターでのトラブルは増加の一途をたどっていますが、使用する人の基準がまちまちなのが一番の問題ですよね。

ツイッターでのトラブル

先日高校生のやり取りを聞いたんですが、『お前、勝手にリツイートするなよー!』って言ってました。

もちろん冗談でのやり取りなんでしょうが、ツイッターの本質を知らずに使っている人がものすごく多いいう事も同時に分かりました。

自由にリツイートされる、知らない人が見ている、世界中からアクセスできる、こういった事を学校で教えなければならない時代が来ると思うとぞっとしますよね。

包丁の使い方を知らない幼児に料理をさせているのと同じくらい危険です。

使い方は自分で学ぶしかないのが現状ですが、痛い目を見て覚えるというのでは取り返しがつかないツールだという事をまず、一番にわかってもらいたいですね。

ツイッターのフォロワーがやっと1000人超え!どうやって増やしたか

ツイッターをブログやホームページに張りつける方法

コメント