道具の実際

道具の実際

ビリヤードのボールの色

ビリヤードのボールの色について。 基本的にすべての番号と色はどのメーカーのボールでも同じです。 1番 黄色 2番 青色 3番 赤色 4番 紫色ORピンク色 5番 オレンジ色 6番 緑色 7番 茶色 8番 黒色 9番 黄色と白色の2色 10...
道具の実際

キューミスが起きる原因と対策

ビリヤードをしていると『カシュ!!』って音と共に、手玉が飛んで行ったり、あらぬ方向に転がって行ったことありますよね。 これ『キューミス』と言います。 手玉をちゃんと捕えることが出来ずに、キュー先のタップが滑ってしまって力がちゃんと加わらない...
道具の実際

シャフトが青黒く汚れるのがはやい

長いことビリヤードをやっていると、キューのシャフトがものすごく汚れてきますよね。 これは手の脂やチョークなどが浸みこんだものだと思うんですが、僕のシャフトは他の人より汚れていくスピードが速いんです。 撞いている時間はそんなに多くないし、手...
道具の実際

ビリヤードの湿気によるテーブルコンディションの変化

雨の日にビリヤードに行くと球が入りにくいなと感じたことないでしょうか。 湿気とビリヤードってものすごく関係が深いんです。 雨が降っている日はどうしても湿気がお店の中に入ってきますよね。そうするとテーブルのラシャが湿気を吸うんです。 湿気を含...
道具の実際

ビリヤードのボールの違い~アラミスとブランズウィック

ビリヤードのボールのメーカー、アラミスとブランズウィックとの違い! これはマニアックなんですが、ビリヤードのボールってよく見ると違うんです。 左側がアラミスというメーカーのボール。こちらのボールは試合などの公式戦などでよくつかわれるボール...
道具の実際

ラシャはビリヤードにとって大切な用具の一つ

ビリヤードテーブルに張ってあるあの絨毯見たいな布のことを『ラシャ』と言います。 このラシャには色々な特徴があります。 まず色。緑と青が一般的で、他には茶色(キャメルカラー)や赤色(ピンクよりの)なんてラシャもあったりします。 色だけでなく...
道具の実際

お店のメインテーブル(華台)ってどうなってるのか。

ビリヤードのテーブルって結構いろんなメーカーがあるんです。いろんなメーカーがあって特徴も様々。 その中でも人気があるのが『ブランズウィック(Brunswick)』というメーカーです。 ボーリングなどで聞いたことないでしょうか。 今日本の試...
道具の実際

タップは唯一球が触れる部分~ビリヤードで一番大切

キューの次に大事な道具がタップだと思います。このタップが手玉の意図を先玉に伝える役目をするんですから。 タップは大きく分けて積層タップと樹脂タップの2種類に分かれます。 簡単に言うと、積層タップは皮を何枚も重ねて接着し、圧縮しているタップ...
道具の実際

ビリヤードのグローブ

キューが滑らない、なんて時に使うのがグローブ。 最近ではカラフルになり、デザインも様々なグローブがありオシャレ度が上がりましたね。 このグローブ、手とキューの滑りが気になる人がよく使用しています。 夏場は汗ばんでキューが滑らないという方多...
道具の実際

カムイチョークを使った感想

1個2000円という高級な【カムイチョーク】。縁があって1個いただけることとなり、実際に使ってみました。 ホーマンかっこいいですね。 まず色。チョークは濃い青色だと先入観で決めつけていたので、この限りなく白に近い水色に驚きました。自分のタ...
道具の実際

【チョーク】は自分で持っていたほうがいいのか。

マイチョークを取りだして、シャシャっとキュー先に付けて、ポケットへ。ビリヤードのかっこいいしぐさの一つだと思います。 このチョークですが、だいたいどこのお店でも用意してくれていますよね。 だから自分で持っている人って結構少ないと思います。...
道具の実際

キューケースってどんなのが便利なのか。実際に感じたこと

ビリヤードのキューを持って試合に行ったり、出かけることがあるなら、持ち運ぶためにキューケースが要りますよね。裸で持って行ってキューにキズなんてついてしまったら、テンションダダ下がりになりますし。 じゃあどんなキューケースがいいのか! 車移...
道具の実際

ビリヤードで一番大事な道具はやっぱり『キュー』!どんなのがいいのか?!

『キュー』ってビリヤードをするときに使うあの『棒』のことです。 ビリヤードを始めて、少したって面白さが分かってきたときに一番に欲しくなる道具。 デザインも様々で、値段もピンからキリまで!実際にどうやって選んだらいいか、どれくらいのキューを...
スポンサーリンク